生薬と呼ばれる天然の植物などから抽出した成分を調合することで作られる薬です。 現在では医学的にも認められており、漢方医学という医学体系も存在します。

このサイトでは扱う情報には漢方で改善できるものがいくつかありましたので、 漢方について知っておくべき知識をこの記事で解説しておきたいと思います。

漢方と生薬

漢方は中国で生まれ、日本で発展しました。 鍼、灸、指圧なども同列に語られることが多く、まとめて東洋医学と呼ばれます。

漢方は生薬と呼ばれる植物や動物、鉱物由来のものを調合して作られており、 組成として用いられている生薬によって効能が異なります。

これらは抽出後に乾燥、加熱などの加工をされることもあり、この工程を修治しゅうち と呼びます。 漢方にはさまざまな流派とそれに属する理論があり、流派によって漢方の作られ方は大きく異なります。今もっとも主流なのは古方派と言う流派です。

生薬とは/漢方とは/ 回生薬局

漢方の副作用と飲み合わせについて

漢方には副作用がないと勘違いされることが多いですが、これは誤りです。 漢方にも副作用はあり、場合によっては症状が悪化することもありますし、アレルギーを起こすこともあります。 医師や薬剤師に相談し、原因ごとに適切な薬・漢方を処方してもらいましょう。

また、飲み合わせについても注意すべきです。 一般的な薬もそうですが、相性の悪い薬を複数同時に飲んでしまうと重い副作用を招く場合があります。 漢方も飲み合わせによっては副作用を起こす場合があるので、服用する前に用法用量の確認と、医師や薬剤師の指示を受けてください。

漢方薬の副作用

気、血、水の考え方

漢方には気、血、水という考え方があります。 これは人体の活動をするために必要な元素のようなもので、これらが正常に循環することで健康な体を維持することができます。

このいずれかに異常が出ることを、気虚ききょ瘀血おけつ水毒すいどく と呼びます。

気の異常、気虚ききょ

気は元気や気力のことを指します。 激しい運動をしたあとや、睡眠不足や生活のリズムが崩れている時、食生活に偏りがある時など、 気力が低下している状態のことを気虚ききょ と呼びます。

気虚ききょ の状態になると慢性的な疲労を感じるようになり、 食欲がなくなったり、風邪を引きやすくなったり、冷え性などの症状を引き起こすこともあります。

血の異常、瘀血おけつ

後述する水と同列に位置するのが血です。 人体には血液をはじめとする水分が多く存在し、体の中を循環しています。

筋肉不足や自律神経の乱れなどで血液の循環が悪くなっている状態を瘀血おけつ と呼びます。 瘀血おけつ は体を冷やしてしまう要因となり、さらにその冷えによって血行不順を悪化させることがあります。

瘀血おけつ の状態では、肩こりやむくみ、頭痛などの症状が出るようになります。

水の以上、水毒すいどく

漢方では、体液のうち色のついていないものを水として扱います。

人体は排泄の障害や水分のとりすぎによって水分が過多の状態 になることがあり、 漢方ではこの状態を水毒すいどく と呼びます。

水毒すいどく の状態では鼻水や鼻づまり、頻尿やむくみ、冷えなどの症状が見られるようになります。

中医学でみる体質・タイプ|長崎市の漢方相談薬局|漢方の山中薬局