心臓の鼓動や発汗、唾液の分泌や瞳孔の収縮など、人体には自分の意志とは関係なしに自動的に行われる生理現象があります。

これは自律神経と呼ばれる神経が管理しており、周りの環境や気温、体への刺激に応じて、体の状態を適切なものに変えるはたらき をしています。

自律神経失調症による動悸や震え、力が入らないなどの症状とその理由 /images/ins-time.jpg

自律神経のはたらきは基本的に、活動と休息にまつわるものです。 これはそれぞれ交感神経と副交感神経という神経によって管理されており、相互がタイミングよく切り替わることで 私たちは生活することができています。

しかし、過度なストレスや生活習慣などによって、交感神経と副交感神経の切り替えが適切におこなわれなくなり、 人体のさまざまな部位に異常をきたすことがあります。

この記事では、自律神経の乱れによって発生する動悸や、体の震えなどの症状や理由について解説します。

自律神経のはたらき

自律神経は人体の活動を自律的に制御している神経で、交感神経と副交感神経と呼ばれる神経で構成されており、 交感神経は活発な活動、副交感神経は休息を司っています。

代表的なものをあげると、運動をした時の発汗や呼吸回数の増加、心拍数の増加などが交感神経によって支配されています。

これに対して、睡眠時の血圧低下や呼吸回数の低下などが副交感神経のはたらきによるものです。

自律神経の乱れが及ぼす人体への影響

人体は自律神経は交感神経と副交感神経がタイミングよく切り替わることで、活動すべき時には活動でき、休息すべき時には休息できるような設計になっています。

しかし自律神経は比較的に異常が発生しやすい神経で、主にストレスの影響を受けやすい特徴があります。

交感神経と副交感神経が適切に切り替わらない状況を「自律神経が乱れている」と表現し、それによって何らかの症状が出ている状態を自律神経失調症と呼びます。

交感神経と副交感神経、乱れた神経によって異なる症状

自律神経失調症による動悸や震え、力が入らないなどの症状とその理由 /images/ins-balance.jpg

自律神経は交感神経と副交感神経によって成り立っているため、 乱れているというのはつまり、交感神経ばかりはたらいている、副交感神経ばかりはたらいている、 のどちらかです。

交感神経ばかりはたらいている状態になると、体が常に活動状態になり、疲労感を感じたり、暑くないのに汗をかいたり、寝ても疲れが取れなかったりなどといった症状がでます。

副交感神経ばかりがはたらいていると、常に倦怠感を感じたり、立ちくらみやめまい、眩しさを感じるなどといった症状がでます。

自律神経の乱れによる動悸、手の震え

自律神経の乱れによって動悸や手の震えが起こるのは、主に交感神経がはたらきすぎている場合です。

交感神経は心拍数の制御や筋肉を硬直させたりするはたきを持つため、交感神経がはたらきすぎていると、動悸や手の震えを引き起こすことがあります。

動悸が起こる理由

自律神経失調症による動悸や震え、力が入らないなどの症状とその理由 /images/ins-womans-back.jpg

心拍数は自律神経によって制御されています。 活発に活動する時には酸素が多く必要になるため、呼吸を早め、心拍数を上げて全身に循環させるようはたらきます。

心拍数を上昇させるのは交感神経のはたらきですが、交感神経がはたらきすぎていると、発作的に心拍数、血圧が上昇することがあります。

しかし、動悸は自律神経の乱れだけが原因になるわけではなく、心疾患や甲状腺機能亢進症によるものである可能性もあります。 症状によっては医師の診断を受けましょう。

体の震えが起こる理由

自律神経の1つである交感神経は活発な活動を支える神経であるため、 すぐに動けるように筋肉を硬直させることがあります。

この交感神経があまりにもはたらきすぎている場合、筋肉の硬直が手足の震えに発展することがあります。 これを本態性振戦ほんたいせいしんせん と呼び、手に発生することがほとんどです。

実は、本態性ほんたいせい というのは「症状が出ているものの原因がわからないこと」を指します。 筋肉の硬直のためと前述しましたが、実際は震えの明確な原因はわかっていないのが現状です。

動悸や震えを抑える方法

動悸、震えの原因として自律神経の乱れが疑われる場合、神経の状態としては交感神経が優位にはたらきすぎている状態です。

自律神経失調症による動悸や震え、力が入らないなどの症状とその理由 /images/ins-tree.jpg

交感神経がはたらきすぎてしまう原因としては、過度なストレスや慢性的なストレス、夜更かしなどの生活習慣の乱れがあげられます。 思い当たるものがある場合は、まずはその原因を排除する必要があります。

また、ひとくちにストレスといっても肉体的なものと精神的なもの、また化学的なストレスというものもあります。

肉体的ストレスは肉体労働などで身体に疲労がたまることを指し、会社での責任や金銭トラブル等のストレスが精神的ストレスです。 結婚や昇進などによる、一見良い物に見えるでき事も精神的ストレスになります。

化学的ストレスはカフェインの過剰摂取や食生活の偏り、飲酒や喫煙などによって受けるタイプのストレスです。 最近ではエナジードリンクなどでカフェインを摂取する機会が増えており、このタイプのストレスで自律神経を乱す方が多いようです。

自律神経の乱れを生んでいる原因を排除できたら、次は改善に向け運動を習慣づけたり、生活リズムを意識して整えるなどの改善を実施していきましょう。

自律神経の乱れによって力が入らなくなる理由

自律神経失調症による動悸や震え、力が入らないなどの症状とその理由 /images/ins-stair.jpg

自律神経の乱れが起こると、力が入らなかったり、立ち上がれない、歩きづらいなどの症状が出る場合があります。 とくに足に力が入らなくなってしまう場合、階段の上り下りをする際に転んでしまうなどの危険な影響がでます。

自律神経の乱れによって力が入らなくなる理由としては、自律神経の乱れ自体がカリウムの過剰か不足によって引き起こされている 可能性が考えられます。

カリウムによる化学的ストレス

カリウムはミネラルの一種で、人体に欠かせないものです。 ナトリウムとともに語られることが多く、塩分過多の人はカリウムをたくさん摂るといいという話はよく耳にすると思います。

カリウムは細胞の浸透圧を正常に保つはたらきがあり、神経伝達物質が正常に神経を行き来できるのもカリウムのはたらきのおかげです。 また、筋肉の収縮を助けるはたらきもあるため、力が入らなくなる原因としてカリウムが影響していると考えるのは自然だといえます。

そのため、カリウムが異常に多かったり少なかったりすると、神経伝達がうまくできなくなります。 これによって筋肉を制御するはたらきが損なわれるというのが1つの理由です。

また、本来であればカリウムの過剰摂取は副腎皮質ふくじんひしつ から分泌されるアルドステロンというホルモンによって、尿と一緒に排泄されます。 しかし、ストレスなどの影響によってアルドステロンが枯渇 することがあり、カリウムが適正値から外れることがあります。

これにより、結果的に筋肉を動かすという動作に影響がでることがあります。

力が入らない原因 ~カリウムと、うつ・自律神経失調症~ | うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ」

力が入らない状態の改善

自律神経失調症による動悸や震え、力が入らないなどの症状とその理由 /images/ins-parsley.jpg

前述したとおり、まず疑われるのはカリウムの異常です。

カリウムが適正値を外れて異常になる理由としては、カリウムの過剰摂取、ストレスによるアルドステロンの不足があげられます。

つまり、自律神経の乱れが直接的に影響しているわけではなく、カリウムの異常が、自律神経の乱れと力が入らない状態を生んでいると考えるべきです。

そのため、改善するためにはカリウムの過剰摂取を意識して減らすこと、アルドステロンの分泌を阻害しているストレスを排除することが必要です。 カリウムを多く含む代表的な食材は以下のとおりです。多く摂取しているものがあれば、控えるようにしましょう。

  • パセリ
  • アボカド
  • バナナ
  • キウイ
  • しそ
  • 納豆
  • にら
  • にんにく

カリウムの働きと、野菜、果物、魚介に含まれるカリウムの量<旬の食材百科