一日のうちに適度な日光を浴びると健康に良いという話はよく聞きます。 実は日光は体内時計の調整に深く関わっており、自律神経へ与える影響も少なくありません。

この記事では、日光が人体や自律神経に与える影響と、自律神経の乱れを整えるための日光の浴び方について解説します。

日光が人体に与える作用

現代では、日焼けや紫外線が与える肌への影響を懸念して、カーテンを締め切ったりして日光を避ける方が少なくありません。 また、仕事や生活習慣の影響で夜型の生活をしている人は、普段から日光を浴びる習慣が減りがちです。

ですが、日光を浴びるという行為は人体に必要なもので、健康に大きな影響を及ぼします。

日光がセロトニンの分泌を促す

体内時計というものを聞いたことがある人は多いと思います。 これは医学的には概日リズムと呼ばれ、人体の生理現象の根幹となる1日毎の周期です。

体内時計はホルモンによって制御されています。 例えば、朝起きるとセロトニンというホルモンが分泌され、体は起床に合わせて内臓運動を始めます。

逆に就寝時はメラトニンというホルモンが分泌され、体が休息できる状態に移行します。

こういった、些細なホルモンの変化で、人体は適切な周期で生理現象を繰り返しています。

日光は起床時に浴びるとセロトニンの分泌を促す ため、体内時計を正常に保つはたらきを持ちます。 日常的に日光を浴びる習慣がない人は、体内時計が崩れがちになり、それにともなって健康にも影響が出ることがあります。

日光が代謝を促進する

皮膚が日光を浴びると、皮下で一酸化窒素が生成されます。 これによって、適度に日光をあびることで、一酸化窒素による脂肪の燃焼や血管の拡張、血流の改善 などの作用が期待できます。

日光の浴びすぎは悪い影響が多い

日光を浴びるとビタミンDを生成するので健康に良い、という話をよく耳にします。

これはあまり事実ではなく、ビタミンDは食生活で賄えるものなので、わざわざ日光によって体内で生成する必要はありません。 また、日常的に浴びるかすかな日光でもビタミンDは十分生成されるため、これが意識して日光を浴びる理由にはなりません。

紫外線が一般的に悪いものとされているように、日光は実際、皮膚や人体に対して悪い影響を多く持っています。 有名な悪影響として、シミやシワなどの老化、皮膚がんなどの発がん性があげられます。

日焼け Q2 - 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

自律神経の乱れに日光が有効な理由

日光には良い作用も悪い作用もありますが、日光によるセロトニンの分泌は、自律神経にとって良い影響が大きいといえます。

体内時計と自律神経の乱れ

体内時計が具体的にどのようなはたらきをするかと言うと、 内臓ごとに内臓運動の開始タイミングの調整や、血圧の増減、呼吸速度の調整、眠気の誘引などを司っています。

つまり、本人が意識しなくても、1日のそれぞれの時間帯に適切な活動ができるよう、体内時計を基準に体が変化しているというわけです。

また、これらのはたらきは自律神経を介して行われています。 ということは、体内時計の乱れというのは自律神経の乱れとも言えるわけです。

体内時計を乱さない生活習慣

では、どのようにすれば体内時計を正常に保つことができるのでしょうか。 これにはいくつかの観点で、体内時計の調整をはかることができます。

日光によるセロトニンの分泌

ここまでで説明したとおり、日光はセロトニンの分泌を促す ことで体内時計を正常にするはたらきがあります。 起床時に日光を浴びることで、一日の始まりを体がきちんと認識することができ、体内時計が適切にはたらきます。

睡眠と就寝

睡眠時間も体内時計に影響を与える要因です。 日々の就寝と起床がバラバラになると、起床時に日光を浴びたとしても体の活動が不規則になる ため、体内時計が崩れがちです。

睡眠は6時間から7時間が適切と言われているため、自分の生活リズムを考えたうえで、同じ時間に寝て同じ時間に起きるよう心がけましょう。

適切な時間に摂る食事

食事は内臓運動を促すため、不規則に摂ると体内時計に悪い影響を与えます。 とくに間食や夜食などは睡眠などにも影響を与えることがあるため、体内時計を乱す要因になります。

食事は1日3食を心がけ、できるかぎり同じ時間に摂るようにしましょう。