自律神経の乱れが引き起こす症状は様々です。 日常で突然起こる吐き気も、実は自律神経の乱れが原因かもしれません。

自律神経の乱れによって吐き気が起こるのは、自律神経が食道や胃などの消化器官のはたらきを制御しているから です。

この記事では、自律神経の乱れによって吐き気が起こる理由と、 吐き気が自律神経の乱れによって引き起こされたものなのかを判断する方法について解説します。

自律神経のはたらき

自律神経という言葉はほとんどの人が聞いたことがあると思います。 ですが、自律神経がどういったはたらきをしているか までは、曖昧な認識しかない人も多いのではないでしょうか。

自律神経というのは交感神経と副交感神経という2種類の神経によって成り立っています。 これは名前の通り、自律的にはたらく神経で、自分の意志で制御できるものではありません。

交感神経のはたらき

交感神経は、運動している時や、人前で発表している時など、体を活発に動かさなければいけない状態や、 物事に機敏に反応しなければいけない状態 の時にはたらきます。

例えば、運動などの活発な活動は、脳が酸素を必要とします。 そのため、交感神経は呼吸を早め、鼓動を多く打つことでたくさんの空気を取り込んで全身に送るといった調整をします。

他にも、瞳の瞳孔を開いたり、筋肉の硬直、発汗などが交感神経によって促されます。

副交感神経のはたらき

副交感神経は交感神経と対象的に、人体が休息すべき時 にはたらきます。

例えば、睡眠時や入浴時などは、活発に動く必要がなく、体を休めるべき場面です。

副交感神経はこういった場面になると、筋肉に使われていた血液を内臓に回して内臓運動を促したり、 血圧が最低限になるよう調整し、体が無駄なエネルギーを使わないような状態に調整します。

他にも、涙や唾液の分泌などが副交感神経によって制御されています。

自律神経の乱れが吐き気を起こす理由

ここまでで説明したとおり、自律神経は人体における数多くの生命活動に関わっています。 とくに、内臓運動に関してはほぼすべてが自律神経によって制御されており 、 自律神経が乱れると内臓運動が適切に行えなくなることがあります。

胃や腸、食道なども自律神経が関わっている

自律神経は胃や腸、食道などのはたらきにも関わっています。

例えば、食べ物は食べた時に胃で消化され、栄養素として吸収されます。 この消化や吸収を促しているのが自律神経です。 そのため、自律神経が乱れていると消化、吸収が適切に行えず、吐き気を引き起こす原因になります。

また、食べ物が食道を通る時は、自律神経が唾液や粘液の分泌を促します。 これも自律神経が乱れていると、適切に物事を飲み込めず、吐き気になることがあります。

場合によっては食道神経症という病気に発展し、食道が痙攣を起こすことがあります。

自律神経の乱れによって引き起こされる吐き気

吐き気は様々な理由から起こります。 食べ過ぎや飲み過ぎ、消化器官の疾患などでも引き起こされます。

そのため、引き起こされている吐き気が本当に自律神経の乱れによるものなのかを見極める必要があります。

自律神経の乱れによる他の症状を確認する

引き起こされている吐き気の原因が、自律神経の乱れから来るものであるかを判断するには、 自律神経の乱れによって引き起こされる他の症状が起きていないかを確認する しかありません。

自律神経の乱れが引き起こす代表的な症状

自律神経の乱れによって吐き気が起きている場合、ともに発生しやすい症状は以下のとおりです。

  • 口の渇き
  • ドライアイ
  • 喉の異物感
  • 冷え
  • 下腹部の張り
  • 胃の不快感
  • ガスがたまる
  • 下痢

これらの症状が出ている場合、吐き気の原因が自律神経の乱れである可能性が高いといえます。 まずは自律神経の乱れを引き起こしている原因を特定し、自律神経のバランスを正常にする努力をしましょう。