慢性的な胃痛や腸の不調、もしかしたら自律神経の乱れによるものかもしれません。

自律神経は自律的にはたらく神経で、内臓運動のほとんどを制御しています。 この神経はストレスに弱く、生活習慣によっては適切にはたらかなくなることがあります。

この記事では、自律神経の基本的なはたらきと、自律神経の乱れがどのように胃腸へ影響するのかを解説します。

自律神経のはたらき

自律神経という言葉はほとんどの人が聞いたことがあると思います。 ですが、自律神経がどういったはたらきをしているか までは、曖昧な認識しかない人も多いのではないでしょうか。

自律神経というのは交感神経と副交感神経という2種類の神経によって成り立っています。 これは名前の通り、自律的にはたらく神経で、自分の意志で制御できるものではありません。

交感神経のはたらき

交感神経は、運動している時や、人前で発表している時など、体を活発に動かさなければいけない状態や、 物事に機敏に反応しなければいけない状態 の時にはたらきます。

例えば、運動などの活発な活動は、脳が酸素を必要とします。 そのため、交感神経は呼吸を早め、鼓動を多く打つことでたくさんの空気を取り込んで全身に送るといった調整をします。

他にも、瞳の瞳孔を開いたり、筋肉の硬直、発汗などが交感神経によって促されます。

副交感神経のはたらき

副交感神経は交感神経と対象的に、人体が休息すべき時にはたらきます。

例えば、睡眠時や入浴時などは、活発に動く必要がなく、体を休めるべき場面です。

副交感神経はこういった場面になると、筋肉に使われていた血液を内臓に回して内臓運動を促したり、 血圧が最低限になるよう調整し、体が無駄なエネルギーを使わないような状態に調整します。

他にも、涙や唾液の分泌などが副交感神経によって制御されています。

自律神経の乱れ

自律神経は、交感神経と副交感神経が適切なタイミングで切り替わることではたらいていますが、 ストレスや不規則な生活習慣によって、この交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなる ことがあります。

これを自律神経の乱れと呼び、動悸やめまい、血圧の上昇や無意味な発汗など、人体に様々な症状を引き起こします。 また、これらの症状が出ている状態を自律神経失調症と呼びます。

自律神経と胃腸の関係

ここまでで説明したとおり、自律神経は自律的にはたらき、内臓運動の制御も司っています。 つまり、自律神経が乱れると、内臓内臓が適切に行えなくなる可能性があるということです。

ここでは、胃腸の活動と自律神経の関係にフォーカスをあて、自律神経が胃腸に対してどのようにはたらきかけているのかを解説します。

ストレスがなぜ胃腸に影響するの? | 養命酒製造株式会社

交感神経と胃

交感神経は活発な活動を司る神経で、胃に対してだけでなく、内臓全体から血液を筋肉に回すようはたらきます。 つまり、交感神経が活発になっている状態では内臓運動よりも筋肉の運動をしやすくしているということです。

自律神経が乱れ、交感神経が優位になってしまっている状態では、消化不良による胃もたれや便秘を引き起こします。 また、栄養不足に繋がることで肌荒れなどの症状が出ることもあります。

副交感神経と胃

副交感神経は休息を司る神経で、胃に対しては胃酸の分泌を司っています。 副交感神経は胃以外にも、寝ている間などに内臓運動を促進するようなはたらき を持ちます。

胃酸は食べたものを消化をするために必要ですが、自律神経が乱れることで副交感神経が優位になると、 ものを食べた時以外にも胃酸が分泌され、胃の粘膜を傷めてしまうことがあります。

胃腸の不調が自律神経によるものなのかを見極める

胃腸の不調の原因が、自律神経の乱れによるものなのかを判断するのは簡単ではありません。 もっとも簡単な判断方法としては、胃腸の不調以外に、自律神経の乱れによってよく見られる症状が出ていないかを確かめることです。

自律神経の乱れによってよく見られる症状

自律神経の乱れでよく見られるものは次のとおりです。

  • 口の渇き
  • 冷え
  • 下腹部の張り
  • 胃の不快感
  • ガスがたまる
  • 下痢
  • 便秘

これらのうち、いくつかの症状がみられている場合は、胃腸の不調の原因が自律神経の乱れである可能性が高いと言えます。 また、とくに便秘や下痢、ガスがたまる といった症状は胃腸の不調に直結する症状です。

自律神経を整えて胃腸を健康に

自律神経は、健康的な生活を送っていればまず乱れることはありません。 そのため、生活習慣のなかで自律神経の乱れを生んでいるものを突き止め、排除する のがもっとも有効な方法です。

また、運動や呼吸法でも自律神経の乱れは改善できます。 ここでは、自律神経の乱れを整えるいくつかの方法について解説します。

運動による改善

自律神経の乱れが胃腸の不調に?自律神経と胃腸の関係 /images/ins-sports.jpg

自律神経の乱れは、自律神経をはたらかせることによって改善する可能性があります。

運動は自律神経をはたらかせるいい例で、体温の上昇による心拍数の上昇、発汗、呼吸など、交感神経のはたらきによって影響する要素がいくつもあります。 これらを意図的にはたらかせることで、自律神経本来のバランスをすこしずつ取り戻すことができます。

しかし、対人のスポーツなどストレスになり得るものは避けましょう。 おすすめなのは水泳やウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動です。

無理しすぎない程度に、自分のペースでやれる運動を選びましょう。

生活リズムの見直しによる改善

自律神経の乱れが胃腸の不調に?自律神経と胃腸の関係 /images/ins-time.jpg

人間の体は体内時計(概日リズム)に沿ってコントロールされています。

例えば朝起きて太陽を浴びるとセロトニンというホルモンが分泌され、胃や腸をはたらかせたり排便を促したり、一日の始まりの合図としてはたらきます。

これに対して、睡眠時にはメラトニンというホルモンが分泌されます。 メラトニンは睡眠に深く関係したホルモンで、こちらも体内時計を調整する役割を持っています。

体内時計を基準としたこれらの生理的現象は、ほとんどが自律神経を介して行われます。 これらが適切にはたらかないことは、自律神経の乱れと呼べるわけです。

適切な体内時計を維持するのに大切なのは、起床と睡眠です。 できる限り同じ時間に寝て、同じ時間に起きる、これだけでも十分効果があり、体内時計が適切な状態に戻ることで自律神経の乱れの改善が見込めます。

一般的に、睡眠時間は6時間から8時間が適切と言われています。自分の生活に応じて何時に寝ればいいかを考えましょう。

食生活の見直しによる改善

自律神経の乱れが胃腸の不調に?自律神経と胃腸の関係 /images/ins-hamberger.jpg

自律神経が乱れる原因でもっとも多いのはストレスですが、実は栄養不足で自律神経の乱れにつながることがあります。 これはストレスの一種である化学的ストレスの影響で、 カフェインや糖質など、過剰摂取によって体に負担がかかる種類のストレスを指します。

化学的ストレスになり得る食事を避けるというのも大切ですが、 実は神経のはたらきを支える栄養素もあるため、こういった食材を積極的に摂ることも効果的かもしれません。

名称 多く含む食材
ビタミンA レバー、うなぎ、卵黄、うに
ビタミンB群 胚芽米、卵、納豆、マグロ、牛乳
ビタミンC 赤ピーマン、ブロッコリー、レモン、菜の花
カルシウム 大豆、桜えび、プロセスチーズ
鉄分 イワシ、煮干し、豆乳、ほうれん草、ひじき
マグネシウム ごま、アーモンド、焼き海苔、干しエビ
亜鉛 牡蠣、レバー、うなぎ、カシューナッツ

呼吸法による改善

自律神経の乱れが胃腸の不調に?自律神経と胃腸の関係 /images/ins-palm.jpg

実は呼吸は人体の活動と密接に関係しています。 さらに言えば自律神経とも深く関係しており、交感神経は息を吸い込む動作を、副交感神経は息を吐く動作を司っています。

ゆっくり呼吸をしてみるとわかりますが、吸気時(息を吸い込んだ時)は脈拍が速く、呼気時(息を吐いた時)は脈拍が遅くなります。 これは交感神経、副交感神経と心臓の制御の関係と対応した反応です。

呼吸について - 越田治良院

つまり、正常な呼吸を意識することで自律神経の乱れの改善が期待できるということです。

わざわざ呼吸のために時間を取るのは意外と億劫になってしまうため、簡単にできる方法として、寝る前の呼吸を意識してみることをおすすめします。

ゆっくり吸って倍の時間かけて吐く、これを寝る前に意識しておこなうことで、自律神経の乱れの改善と、眠気の誘引、睡眠の質向上につながります。 余裕があれば、腹式呼吸などを取り込んでみるとさらなる効果が期待できます。