冷え性なのに手や汗が汗で湿っている、という症状の人は少なくないのではないでしょうか。

冷え性であれば、冷えている部位は汗をかくこともなくサラサラしているというイメージがあります。 ですが、実はそうとも言い切れません。

冷え性は自律神経の乱れの影響で症状があらわれることがあり、自律神経は発汗の管理もしているため、自律神経の乱れの影響で不要な発汗がみられることがあります。

この記事では、冷え性なのに汗をかいてしまう理由や改善方法について解説します。

汗をかく仕組み

人体には自律神経という、自分の意志で制御できない神経があります。 例えば、血圧や心拍数、瞳孔の収縮や発汗などが自律神経によって制御されています。

冷え性なのに手や足に汗をかく理由と改善方法 /images/ins-water-drop.jpg

自律神経は交感神経と副交感神経によって成り立っており、交感神経は活発な活動、副交感神経は人体の休息を司っています。

交感神経は運動中や緊張をしている時などにはたらきます。 運動は酸素を大量に必要とする活動であるため、交感神経は酸素を取り込むために呼吸を速くし、 心拍数をあげて全身に酸素を送り込もうと心臓を制御します。

また、運動によって体温があがってくると、脳への障害を危惧して発汗による体温低下をはかります。

これとは対照的に、副交感神経は睡眠時や入浴時にはたらきます。 運動などをしている時は血液が筋肉に集まるよう交感神経がはたらきますが、 睡眠時などは副交感神経がはたらき、体を休めるために血液を内臓に集め、体が内臓運動をできるような状態になります。

また、睡眠時は呼吸もゆっくりと深いものになり、血圧も低下し、体を休められる状態にするのが副交感神経です。

冷え性なのに汗をかく理由

では、発汗が自律神経によって制御されているのであれば、なぜ冷え性で体温が下がっている時にも汗をかくのでしょうか。 これには自律神経の乱れや水分過多といった原因が考えられます。

自律神経の乱れによる発汗

冷え性なのに手や足に汗をかく理由と改善方法 /images/ins-stone-balls.jpg

まず第一に、冷え性の原因が自律神経の乱れであることが疑われます。

自律神経は交感神経と副交感神経が相互にはたらくことで成り立っていますが、 これがストレスなどで正常にはたらかなくなると、全身に様々な症状が出ます。

自律神経の乱れには大きく2種類あり、交感神経がはたらきすぎている場合と、副交感神経がはたらきすぎている場合です。

交感神経がはたらきすぎている場合、体が常に活発に活動できる状態になってしまうため、 疲労感を感じたり、動悸や不眠、不要な発汗などがみられるようになります。

副交感神経がはたらきすぎている場合は、体が休息状態になってしまうため、 倦怠感やめまい、たちくらみなどの症状がでるようになります。

冷え性なのに汗をかいてしまう場合は、交感神経が必要以上にはたらきすぎている可能性が疑われます。

実は交感神経が優位になっているパターンの自律神経の乱れは、多汗症などの症状を引き起こすこともあります。 そのため、自律神経の乱れが原因となっている冷え性の場合、体が冷えているのに汗をかくのは不自然なことではないのです。

水分過多による発汗

次に疑われるのが水分過多です。

冷え性の原因の1つに水分過多というものがあります。 これは体内の水分量が過剰になってしまい、水分の循環が滞っている状態に引き起こる冷え性です。

このタイプの冷え性にはむくみや鼻づまりなどの症状がみられることもあります。

水分過多に陥っている状態の体は、どうにかして水分を排出しようと試みます。 体内の余分な水分がある場合、基本的には尿などの排泄によって体外に排出されますが、 これが汗として排出されてしまい、冷え性なのに汗をかいてしまうという状態になることがあります。

汗による冷え性の悪化

冷え性なのに汗をかいてしまうのは不快感だけでなく、冷え性の悪化を招くこともあります。

冷え性なのに手や足に汗をかく理由と改善方法 /images/ins-iced-tree.jpg

そもそも汗というのは水分の排出という目的だけでなく、体温を下げるという目的があります。 本来発汗は、上がりすぎた体温が脳へ障害を与えないようにするため、交感神経が指示することで発汗が促されます。

発汗によって皮膚から出た汗が蒸発することで、同時に体温を体外へ排出し、体温を下げるという設計になっています。

つまり、冷えている部位が発汗をしてしまうと、冷えている部位が更に冷えてしまう可能性があるということです。

改善方法

ここまでで説明したとおり、冷え性なのに汗をかいてしまう原因は自律神経の乱れか水分過多のどちらかだと考えられます。

自律神経の乱れによる発汗が疑われる場合

冷え性なのに手や足に汗をかく理由と改善方法 /images/ins-balance.jpg

自律神経の乱れが疑われる場合はストレスや生活週間を見直すことが大切です。 自律神経が乱れる原因の多くは過剰なストレスや慢性的なストレス、生活習慣の乱れや飲酒、喫煙などがあげられます。

自律神経の乱れを直すことで、不要な発汗だけでなく冷え性自体の解決に至る可能性も大いにあるため、 汗くらいだからと軽視せず、しっかり改善する必要があります。

ストレスの排除によって自律神経の乱れを改善する

自律神経の乱れの原因でもっとも多いのがストレスです。

ストレスにはいくつか種類があります。 例えば、肉体的な疲労や精神的な苦痛、さらにはカフェインや飲酒、喫煙などの化学的ストレス というものまであり、 何が原因で自律神経の乱れを引き起こしているか判断しづらい場合があります。

もし自身の環境や生活に疑われるストレス要素がある場合は、そのストレス自体を排除する必要があります。

運動によって自律神経の乱れを改善する

冷え性なのに手や足に汗をかく理由と改善方法 /images/ins-sports.jpg

自律神経は適度な運動で交感神経をはたらかせることにより、 正常な状態に戻すことができる場合があります。

水泳やジョギングなどの有酸素運動がもっとも効果があるといわれているため、自分にあった運動を習慣づけるのがおすすめです。 また、対人のスポーツなど精神的ストレスになりえる運動は避けましょう。

生活リズムの見直しによって自律神経の乱れを改善する

人体には概日リズムというものがあります。 一般的に体内時計と言われているもののことなので、こちらの呼び方であれば聞いたことがある人は多いと思います。

冷え性なのに手や足に汗をかく理由と改善方法 /images/ins-bedroom.jpg

概日リズムは、体内のホルモンが適切なタイミングで分泌されることによって正常にはたらく仕組みになっており、 夜更かしや乱れた生活リズムを送っていると概日リズムが狂ってしまうことがあります。

概日リズムによってはたらく生理現象は自律神経を介して行われているものが多いため、 不摂生な生活を送っていると概日リズムが狂い、自律神経の乱れにつながります。

もし生活リズムが崩れている自覚がある場合は、同じ時間に寝て同じ時間に起きる、というだけで改善の効果があるため、 一度見直してみるのがいいでしょう。

水分過多による発汗が疑われる場合

体にむくみなどがあらわれている場合は、水分過多が原因の冷え性である場合がほとんどです。 また、冷え性とともにあらわれる発汗も、水分過多によるものでしょう。

冷え性なのに手や足に汗をかく理由と改善方法 /images/ins-pepper.jpg

水分は過剰摂取すると冷え性を招くため、冷え性の改善のためにも適切な量に控えるべきです。 もしそれでも喉が乾く場合は、食生活を見なおしてみましょう。 塩分や香辛料など、刺激の強いものを食べると体はそれを中和するため、喉の渇きを感じるようになります。

体内の水分循環は漢方で改善できる場合があります。 もともと漢方では、水分循環の異常を水毒すいどく と呼び 、体の大きな問題として扱っています。

水分循環の異常や不要な発汗に効果のある漢方は、以下の記事で解説しています。