気付きづらいお尻の冷え、実はお尻の冷えは手足の冷えに発展することもあり、 できるだけ早めに対処するべき症状です。

この記事では、お尻が冷える原因と冷え性の関係について解説します。

お尻の冷え性

人間のお尻は筋肉が多く、太ももやふくらはぎとあわせて下半身の血液循環に大きく影響する部位です。

この部位が冷えてしまうと、血行が悪化したり、リンパの詰まりをおこしたり と、体の不調や疲労の原因になることがあります。

お尻が冷たいのは危険!おしりの冷えを招く2つの原因と改善策4つ - マーミー

お尻が冷える原因

お尻が冷える原因としてもっとも多いのが肥満、つまり脂肪のつきすぎです。

脂肪の付きすぎ

脂肪は熱を保持する特徴がありますが、温まりづらいという特徴もあります。 そのため、脂肪がつきすぎている部位は冷えがちです。

お尻は脂肪がつきやすいため、人体の中でも冷えやすい部位と言えます。

筋肉不足、血行不良

筋肉不足や血行不良は、一般的な冷え性の原因でもあります。

人間の体温は筋肉によって作られ、血液によって運ばれる ため、 このどちらかが正常でないと、お尻の冷えの原因になります。

お尻の冷えが与える影響

お尻の冷え性はあまり気にならないものですが、 お尻の冷え自体が他の症状に発展することがあります。

新陳代謝の悪化による肌荒れ、足のむくみやしびれ

まずあげられるのが、新陳代謝の悪化です。

お尻の冷えは筋肉を硬直させ、下半身の血流に影響します。 これによって老廃物の排出が滞ったり、リンパの詰まりを起こすことで疲労の原因になる ことがあります。

また、こういった代謝は肌荒れやむくみの原因 にもなります。

腰痛など骨盤まわりの不調

お尻の冷えが、骨盤を冷やしたり付近の神経を刺激することで、腰痛を引き起こすことがあります。

骨盤周りの冷え、不調は、女性の場合は妊娠や月経などに悪影響を及ぼす場合も あります。

お尻の冷え性の改善方法

お尻の冷えを改善する方法には、一般的な冷え性の改善方法に加えて、肥満の改善などがあげられます。

肥満の改善する

まず、もっとも多い原因である肥満の改善です。 脂肪は温まりづらいため、余分な脂肪がついてしまうと冷えの原因になります。

肥満体型の自覚がある場合は、まずはダイエットなどで体質改善をためしてみましょう。

過度な食事制限などは、冷えの原因になるだけでなく、体のあらゆる不調を引き起こします。 運動をはじめとする健康的な方法でのダイエットをこころがけましょう。

運動を習慣づける

運動によって、体温のもとになる筋肉を増やすことで冷えの改善が期待できます。 これは一般的な冷え性にも言えることで、筋肉が不足しがちな女性にはとくに有効です。

毛布などで温める

対症療法ではありますが、温まりづらい特徴を持つ脂肪を、外部から温めるフォローをしてあげる ことも有効です。

根本的に冷えやすい原因が他にある場合は、そちらの改善を忘れないようにしましょう。